ラバーカップを使う

トイレの自分での直し方には、お湯を使う他にもバケツで水を注ぎ、水かさを増やすことによって水圧を強め、その力によって排水するように期待するという方法もあります。この方法とお湯を使う方法は、特別な道具を必要としないため、どの家庭でも簡単に行うことができるというのが大きなメリットです。しかし、これらの方法を使用しても直らないという場合も当然あります。こういった場合には、特別な道具を利用して直るかどうかを試してみるのが良いでしょう。

その際に使用するのが、ラバーカップと呼ばれる道具です。正式名称では伝わりにくいかもしれませんが、トイレのカッポン、といえば分かるでしょうか。ゴムの半球に柄が付いている、トイレではおなじみの道具です。この道具を使えば、多くのつまりというのは簡単に解消することができます。

ラバーカップはその形とゴムの伸縮性を利用して、内部に真空を作り出すことによってポンプとして機能し、つまってしまっているものを一度掻き出し、その上で流れるようにするという性質の道具です。専門的な道具ではありますが、ホームセンターなどで購入することができるため、いざという時のために持っておくとトイレのつまりに強くなります。

お湯を使う

それでは、実際に自分でトイレのつまりを解消する方法として、まずはお湯を使った方法について紹介します。この方法のやり方は簡単で、便器に対してお湯を注ぎ、それから時間を待つことによって解消を期待するというものとなります。では、何故お湯を入れることによって解消される可能性があるのでしょうか。通常、トイレの水としては冷水が使用されていますが、トイレットペーパーなどはお湯の方が溶けやすい性質を持っています。そのため、お湯を注ぐことによってつまってしまっているものを溶けやすい状態にし、自然と流れていくことに期待する、というのがこの方法となります。

それでは、実際にお湯を使用して修理を行う場合、どのような点に注意する必要があるでしょうか。何より注意しなければならないのは、使用するお湯の温度です。お湯を使うと言っても、熱湯を注ぐようなことはしてはいけません。基本的に便器というのは陶器が使用されているものであるため、急激に温度が変化すると割れてしまう可能性があります。そのため、注ぐお湯は一度バケツなどで冷まし、ある程度以下の温度にしてから注ぐようにしなければなりません。

また、つまっている状態で大量の水を入れるとあふれる点にも注意が必要です。

トイレのつまりは業者に解決してもらおう!