そもそも何故つまる?

それでは、ここから先ではトイレのつまりの解消方法について紹介をします。その前に、まずそもそもトイレがなぜつまってしまうのか、ということについて紹介します。トイレがつまりを起こしてしまう原因は、実は複数存在しています。1つだけが原因となっているわけではなく、複合的な症状の場合もあるため注意しておく必要があります。

まず、最もよくあるつまりの原因は、やはりトイレットペーパーや便などの量がパイプ内でつまってしまうことです。一般的なトイレのつまりが発生する原因です。次の原因として考えられるのは、通常水に流さないものを流してしまった場合です。トイレットペーパーと違い水に溶けにくい性質を持っているティッシュペーパーや、その他の異物などを流してしまった場合に発生します。

さらに、普段からの使用において排水の際に水を節約していることで発生するつまりもあります。排水タンクに流しきれなかった汚れが溜まってしまい、パイプを狭めてしまっているというものです。この先で紹介する自分でのトイレの直し方は、基本的に最初に紹介した「トイレットペーパーや便」によるつまりの場合に適切な方法です。それ以外の理由であれば、業者に依頼した方が確実です。

トイレのつまりの対処

トイレがつまってしまうというのは、水まわりのよくあるトラブルの一つです。しかし、トイレのつまりというのはよく起こるものではあるものの、しっかり対処を行わなければ生活に不便が生じてしまうものでもあります。それでは、もしトイレのつまりが発生してしまった場合、どのようにして対処するのが良いのでしょうか。トイレのつまりへの対処法は大きく分けて2つの方法があります。

トイレのつまりの対処法として、最初に挙げられるのは水まわりのトラブルに対処することができる業者に依頼するという方法です。具体的な名称は控えますが、地域によって使用する業者が複数存在しているため、そういった中から利用できる業者を選んで対応を依頼するのが良いでしょう。

それでは、業者にトイレのつまりの解消を依頼する場合には、どのようなメリットがあるのでしょうか。まず1つのメリットとして挙げられるのは、やはり正確で迅速な対処を期待することができるという点です。利用する業者によってもちろんこの点については違いがあるものの、基本的には知識のない個人が修理しようとするよりは、業者が修理を行った方が迅速な修理を期待することができるでしょう。

逆に業者に依頼する場合のデメリットとなるのは、やはり料金が必要となる点です。利用料金についても業者によって違っているものの、しっかり予算を聞いてから利用しなければ、大きな金額が必要になってしまうこともあります。この先では、もう1つの対処法である自分での直し方について紹介します。

トイレのつまりは業者に解決してもらおう!